ご予約・お問い合わせ  03-5875-6480
ご予約・お問い合わせ  03-5875-6480

新小岩駅から徒歩1分の歯科・歯医者
電話でのご予約・お問い合わせ 03-5875-6480

当院の感染症対策について

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、当院で行っている感染症対策と、よくあるお問い合わせをまとめました。
もしご不明な点や治療に不安があるようでしたら、お気軽にお問い合わせください。

1.治療中に飛び散る飛沫が気になる

口を大きく開けて行う歯科治療では、どうしても“唾液”が飛び散ります。飛沫を防ぐため、ノズルの付いた「バキューム」という器具で口の中に溜まった唾液、歯を削った粉などを吸い出しているのですが、すべては防げません。そこで当院では口腔外バキュームを導入、通常のバキュームでは吸引しきれなかった飛沫をダブルガードします。壁や床に飛び散る飛沫をキャッチ、院内感染リスクの低減に役立ちます。

口腔外バキューム

2.狭い室内での歯科治療は、感染しやすそう

感染症の予防には、院内の空気環境が大切です。当院ではこれまでも院内換気に努めてきましたが、さらに強化し、医療機関向け空気浄化システムを設置いたしました。搭載の光媒体(太陽光・可視光で大気中の有害物質を分解)によって、ウイルスを最大99.95%除去、目に見えない物質まで徹底的に浄化、きれいな空気に変換します。加えて、つねに窓を開けて空気を入れ替え、快適な個室で治療を行っています。
※院内感染対策は、『歯科外来診療環境体制加算1』に基づく施設基準に準じています。

窓を開けて空気を入れ替え 医療機関向け空気浄化システム

3.不特定多数の唾液に触れる歯科医って感染リスクが高そう

口の中に直接触れる歯科医師は、感染症予防への意識が高いといえます。“飛沫感染”という言葉をよく耳にするようになった現在は、治療中以外でもマスクを着用、検温を含む体調管理も行っています。当院では治療に用いるハンドピースはすべて患者さんごとに使い分け、使用後は滅菌消毒を徹底してきました。このたび、より効率よく滅菌を行えるハンドピース専用滅菌器を新調、これまで以上に、安全・安心に努めてまいります。

ハンドピース専用滅菌器

4.正直、むし歯や歯周病より感染症がこわい

“3密”を避けて通院を控えた結果、病気を悪化させてしまうケースが見受けられます。むし歯や歯周病は命にかかわりませんが、健康維持への影響は甚大です。お口のトラブルで噛む力を衰えると、食事からの栄養摂取が不十分となります。その結果、免疫力そのものを低下させ、感染症リスクを上げる悪循環に……。高齢者の方々は歯周病を防ぐ(または進行を防ぐ)ための定期的なオーラルケアを、成長期のお子様は初期段階でのむし歯の治療が大切です。私たち“お口の専門医”に気軽に相談してください。

お子様のむし歯治療に朗報!

当院では、レーザー光で歯の状態を数値化できる測定器を導入。もう痛みをがまんしてレントゲン撮影をする必要はありません! むし歯の進行が把握・管理でき、最小限の侵襲(医療処置)での治療、つまり、健全な歯まで削ってしまうといった心配もなく、お子様の大切な歯を守る治療を行えます。

レーザー光で歯の状態を数値化できる測定器

5.至急の治療は仕方ないけど、メンテナンスは控えたほうがよいのでは

お口の中が不衛生な状態にあると、食べ物などが誤って気道に入り、肺で炎症を引き起こす「誤嚥性肺炎」になるリスクが高い、また、新型コロナに罹患した場合、重症化しやすいことがわかってきました。当院では新たに訪問診療をスタート。これまで通院いただいた患者さんを対象に、歩行困難で通院が困難な方への入れ歯の調整がおもな処置となります。
お口の健康作りは“かかりつけ医師”と二人三脚で! ぜひ、定期的なお口のケアも感染症対策の一環に加えてください。
※微熱があるなど、体調がすぐれないときは、受付スタッフにお伝えください。

“かかりつけ医師”と二人三脚で

こいづみデンタルクリニック

東京都葛飾区西新小岩1-4-7
03-5875-6480

診療時間 午前 午後
月~水 10:00~13:00 15:00~20:00
休診日
10:00~13:00 15:00~20:00
10:00~12:30 14:00~17:00
日・祝日 休診日

※ご予約のない方は、午前・午後ともに診療終了の1時間前までに受付をお済ませください

ページの先頭に戻る